最新の転職者アンケートデータから採用を考える! その12

このエントリーをはてなブックマークに追加

変らぬ採用成功のコツ。選考スピードと面接官のマナー

転職した会社への入社の決め手は?

転職した会社への入社の決め手は?

応募者数は?

応募者数は?

新天地に移った転職経験者のアンケートを元に、企業の人材採用について考えます。第3話では「転職した会社への入社の決め手となった事」を取り上げたいと思います。アンケート結果の第2位に「面接官の印象が良かったため転職を決めた」が選ばれています。面接官のどんな対応が応募者の入社意志を左右するのでしょうか。

※「第八回転職世論調査」
リクルートエージェントでは、転職を実現したビジネスパーソンに、転職活動全般にわたるその時々の意識や行動の決め手となった事項を調査する「転職世論調査」を定期的に行っています。

実施期間:11/29(木)~12/3(日)まで
対  象:リクルートエージェントの登録者で、何らかの手段で転職を実現した方3591名(うち回答者1506名*回答率41.9%)
調査方式:Webを使ったアンケート


編集 本サイトでは、これまでにも何度か面接官の重要性について取り上げてきました。そして今回のアンケート結果を見て、再度面接官の影響力に驚いています。

キャリアアドバイザー/以下CA 応募者にとっては「面接官=会社」です。面接に行った会社の面接官から大変良い印象を受け、第一志望の会社を変更する応募者は沢山いるんですよ。特に「事業や仕事を楽しそうに語ってくれた」「募集背景や仕事内容を分かりやすくじっくり話してくれた」ということがあると、応募者はこの会社なら自分も同じように楽しく仕事に取り組めると感じるようです。

編集 以前「お茶が出てきた」と感動していたエンジニアがいましたよね?

CA 5社の面接に臨みそのうちの1社でお茶が出たそうなんです。結局その会社に転職はしませんでしたが、お茶が問題ではなくその行為から「会社から応募を歓迎された」印象を強く感じて、この会社の事を一生忘れないだろうとおっしゃってましたね。転職活動って出会いなので、やはりそういうものですよね。

編集 逆に今回も応募者側から面接で改めて欲しいことが幾つか挙げられています。緊張感が高い圧迫面接や面接結果の通知が遅いことが、入社意志を削がれるということでした。

CA 人事の方は対応マナーやコンプライアンスをしっかりと把握されている為マイナス印象を残すことは少ないようですが、課題になるのは“現場の面接官”が対応した場合ですよね。大意なくプライベートなことを質問してしまったり、応募者が今すぐにでも帰りたくなるような態度を取る方が少なくないようです。この点を改善することに人事の方もご苦労されるかとは思いますね・・。

編集 家族構成・血液型・出身地・結婚などについての質問はしてはいけないと現場面接官に徹底することが大事ですよね。質問した本人には大意はなくても、応募者からは、この会社ではやっていけそうにもない・・と応募を辞退することに繋がってしまいます。最近では「面接中ずっと携帯電話を見ていて」なんて本当か??と思うような事もあると聞きましたが、他にはどんな事がありますか?

CA 履歴書や職務経歴書を全く読んでいなかったり、面接時間に30分も遅れた上なんの説明もない等です。応募者には徹底した企業研究を求めるのに、企業側が何の応募者研究もしていないのはいいのでしょうか・・と。本来対等な関係であるべき企業と応募者の関係を、面接官全員に理解して頂くことが大切です。複数企業から内定を受けやすい求人環境ですので、人事の方が中心となって勉強会などの時間を作るという方法もあると思います。

編集 面接官の印象で入社を決意する転職希望者が多いというのは、企業にとっては物凄いチャンスですよね?

CA そうなんです。「社員を大事にする」あり方を面接でも表現する会社は、殆どの応募者が面接終了後に第一志望に変更するほどです。採用したいという人物は殆ど他社からも内定を得ている場合が多いので、ぜひ面接官の対応で応募者を惹き付けて頂きたいと思います。例えば会社全体の説明で終わらず、配属先などのより具体的な説明をして頂くとか。配属先での業務、どんな先輩達がいてどんな雰囲気なのか。そうしたことが確認できるとやはり応募者は安心するんですよね。そして「なんでも聞いてください。何か確認したいことはありますか?」など、温和に聞いて頂くのもいいですね。応募者の緊張感をほぐして、本来の自分を出し易くする雰囲気を作る。お客様や商談相手にするような気配りを、ぜひ面接場面にも取り入れて頂きたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら