転職者意識調査から採用ノウハウを探る その2

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職の最優先項目は“仕事のやりがい”。価値観の違う応募者のやりがいをいかに探るか。

あなたが転職先を選ぶ最優先項目は?転職活動で苦労したことは?

※転職者2100人への意識調査より
2005年1月27日~2月9日、Webによるアンケートを実施。
対象/リクルートエージェントの登録者で、何らかの手段で転職を実現した2100名(うち回答者1182名/回答率56%)。

同じ会社、隣の席で仕事をしているAさんとBさん。まったく同じ環境で働くふたりに“仕事のやりがい”について聞いてみたら、どんな返事が返ってくるでしょうか? きっとそう違わないかもしれませんが、同じ答えでもないはず。個々の価値観という、定規で測ることができない“事柄”が転職の条件には大きく影響してくるため、採用というのは難しいのです。

アンケートによって明確になった転職に最も優先する条件“仕事のやりがい”。20代も30代もダントツです。そのためか、転職活動においては「求人の選択肢が少なくて苦労した」という答えも。「世の中に情報は溢れているけれど、本当に自分が探し求めている仕事は少ない」と転職者本人が感じていることが見て取れます。

さて、個人が仕事のやりがいを最優先して転職先を選ぶなら、“その人にとってのやりがいとは何なのか”を理解し、納得できる、さらにはより会社が好きになるような情報を提供していくのも人事の仕事。面接で「御社の事業・仕事にやりがいを感じます」と言われたら、もう一歩踏み込み、「では、あなたが感じるやりがいとはどんなことか?」を確認してみる必要があります。

もしかするとAさんのやりがいは、「顧客にAさんだから信頼して取引するんですよ」と言われることかもしれないし、Bさんにとってのやりがいは「会社の認知度のおかげでアポイントが取りやすく、大きな商談に結びつきやすい」ことかもしれません。

人事が想像するやりがいと、応募者が求めているやりがいがいつもイコールではないと認知していれば、面接などで提供する情報を選択することができますし、ミスマッチな採用も起こりにくくなるはずです。

大手総合不動産会社C社の採用リーダーは、面接を非常に重視し、キャリア採用に際して必ず自らが面接を行うという人物。大切にしていることは、応募者が転職で実現したいことを探り、それをC社でならどうできるかを伝えるという、ある種営業のプレゼンテーションのような役割を果たす事だといいます。

実はこの人物は、リゾート開発事業を担当していた経歴を持ちます。自社の事業、開発の仕事が大好きで、人事担当になった今でも事業に関連する情報の収集を怠ることがありません。ですから、応募者がC社の事業や仕事に興味を持って面接に来ると、過去の仕事の事例などをちりばめながらC社で働くことの魅力、醍醐味などを語れます。

あまりにもイキイキと、また自分の言葉で話す人事の魅力に惹かれ「こんな人事がいる会社はいい会社に違いない」と、開発職以外の採用においても入社の意思を固める応募が少なくありません。

どうぞ 面接時に持参する書類の片隅に、“あなたの仕事のやりがいってなに?”と書いておいてください。そしてその応募者ならではの具体的なやりがいを確認してください。ノウハウとは言えない基本中の基本のことと言われてしまうかもしれませんが、個人と会社、両者のやりがいの一致が採用率を高めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら