必要な条件だけに絞った人材募集ができていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

譲れる部分と譲れない部分をはっきり決めて、最高ではなく最適な人物の採用に臨むことが秘訣です。

果たして今の募集条件は適切か?

必要な条件だけに絞った人材募集ができていますか?

昨今、認知度・人気度の好影響から人材が集まりやすい大手でさえ、条件を緩和して目標採用人数に近付ける努力をしている企業があります。売り手市場の採用環境の結果です。

さて、このような環境の中で企業が打ち手としていること。
まず一つは、採用時の経験・スキルにこだわり過ぎず、入社後の育成を視野に入れた「キャリア入社者の成長の可能性を見据えた採用」を行うというもの。例えば営業経験があれば領域は限定しないなどと条件を緩和することで、業界内外に採用できる層が広がり、採用人数が確保しやすくしています。

また「35歳限界説」を打破し、30代、40代、あるいは技術の匠と言われる50代のベテラン層にも着目する方法。特に氷河期に就職活動を経験した優秀層な中堅層が埋もれている場合が多く、20代採用のこだわりを緩和した企業が、戦力となる人材の発掘に成功しています。「年収よりも企業への貢献を」とする50代によって、技術の空洞化を防ぎ部門の活性化を実現している企業も少なくありません。

しかし、このような条件緩和を行う企業がある一方で、「○歳、経験○年以上」というように、どうしても「スキルも年齢も採用条件として譲れない」場合もあるはず。ノウハウの蓄積、組織の年齢構成の問題など理由は様々ですが、大切なのは「企業が採用の際に大切にしていることは何か」ということ。ふさわしい人材が現れるまで、時間がかかっても在籍社員でじっと頑張っていく。これも採用企業の選択肢の一つといえます。

譲れないものを再考し適性な条件緩和をする

さて、採用条件の緩和ですが、ちょっと視点を変えて見てみますと事務アシスタント職の採用に新しいトレンドが起きています。
契約社員、紹介予定派遣などの雇用形態で採用し定着を促進するものです。派遣から直接雇用に切り替えたい求職者層は多く、それは企業にとって社内にノウハウを蓄積する環境整備に直結します。固定費削減で派遣を導入していたためいきなりの正社員採用は無理な場合でも、契約社員であれば調整がしやすく、事務系職種を中心に採用事例が増加しています。

紹介予定派遣は、企業・派遣元・人材の3者で事前打ち合わせを行った上、一定期間派遣雇用契約によって業務をスタート。その上で企業と人材の双方の意志が合意に至れば、社員として直接雇用に切り替える形態です。これまで採用の課題であったミスマッチを防げる新しい雇用形態として注目されており、様々な業界・職種で採用の可能性を模索しています。

少ないパイの中で人材の奪い合いを続けるだけでは、企業は常に採用のリスクを抱えたままです。スキル・年齢・雇用形態など、様々な角度から"適正な採用条件の緩和"を検討するのも、採用競争を乗り切る賢い方法です。お困りの際は、採用事例豊富な私たちの採用支援サービスに、ぜひご相談いただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら