業種に限らず企画・マーケティング職をうまく採用するためには

このエントリーをはてなブックマークに追加

応募者を「マーケティング」し、ニーズを解決する仕事内容の情報を提供することが肝心です。

人気は有名消費材に関わる企画・マーケティング

業種に限らず企画・マーケティング職をうまく採用するためには

たえず変化する人々のニーズを収益機会に転化する。マーケティングに携わる人の間では、身近で、また話題性も高い日用品・消費材を扱うことが“花形”との認識があるようです。もちろん弊社の採用支援サービスに登録されるマーケティング経験者の多くも、転職希望の最初にあげるのが日用品・消費材業界。しかしながら人気が集中する中、ピンポイント採用という厳しい条件、しかも採用枠も少なく、希望通りの転職を成功させる人数はおのずと限られてきます。

逆に注目率が低く採用に苦しんでいるのが、一般の人々の目に触れる機会が少ない、BtoBのビジネスを展開する企業。「世の中に大きな影響を与える仕事がしたい」というマーケティング経験者を、BtoBの世界、自社のビジネスに振り向いてもらうためにどうしたらいいのか、人事担当の方にとって悩みの種となることも少なくありません。

BtoBでも企画・マーケティング職をうまく採用するには

ところが、そんなハードルを乗り越え即戦力となるマーケティング経験者の採用に成功している事例も数多く生まれています。たとえば建物用の洗剤・ワックスなどの清掃用品を商品とする外資系A社。背景にあったのは、人事担当者B氏の工夫でした。B氏は、転職希望者が仕事に何を求めているのかを整理し、自社のマーケティングの仕事がどのようにその希望に答えられるものであるかをまとめ、情報提供したのです。

ポイントはいくつかありました。
まず、BtoBの製品ではあるものの、商品を使うのは人であること、そして製品製造は国内で行われ、日本市場の動向が世界の商品企画・開発にも大きな影響を与えているという社内事情でした。

仕事内容の明確化と魅力を具体化して求職者に伝える

プロダクトマーケティングとして商品開発に深く関わっていきたいと考えていた応募者は、「想像していた以上にダイナミックで責任も大きい仕事。自分がどこまでできるか試してみたい」と入社を決意したのです。何しろ頑張り次第で業界でのポジションを変えることができ、それは国内に留まらず世界に向けたマーケティング戦略を立案・実行していけるチャンスだと知ったからです。

「よりスキルが磨ける環境に身を置きたい」と転職活動をはじめた応募者にとって、B氏が語ったマーケティングの仕事は具体的な仕事の魅力を想像しやすく、応募の迷いを消す大変よい材料となりました。

マーケティング経験者には、確かにサービスよりも物を扱う仕事が人気で、その中でも生活に身近な製品を扱いたいという希望が圧倒的なことは確かです。しかし、応募者のニーズを解決する仕事内容の情報を提供できれば、採用を成功させることも充分に可能。B氏のように、採用にマーケティング手法を取り入れるのも、非常によい方法かもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら