経理・財務の経験者採用に悩む前に準備しておくべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダー層が確保できなければ自社で育てる。
経験者不足に対応するためにも、計画的な人材採用をしましょう!

経理・財務の人材採用の現状

経理・財務の経験者採用に悩む前に準備しておくべきこと

経理・財務経験者の絶対数が少ないため、経験者採用に苦戦している企業が多いですが、その対応策に工夫している企業の採用事例についてご紹介したいと思います。

経理・財務の経験者採用には、産業界の動きを反映するこんな背景がありました。

  • ・メーカーの海外市場進出でロシア、東ヨーロッパなどにも拠点が拡大され、その現地法人で働ける人材、あるいは本社スタッフの異動をカバーできる人材が急激に必要となっている。
  • ・意思決定の早さが業績アップに大きな影響を与える時代。事業部門ごとの部付き経理をシフトするため経験者の複数名採用が課題となっている。
  • ・連結決算・四半期決算への対応、株主に対する情報公開に注力するため、上場企業で業務経験のある人材が求められている。
  • ・IPO準備を経験した人材、あるいは上場企業の経理・財務を経験した人材がいないので、社外から迎えたい。
  • ・有価証券報告書の作成経験者が今後必要になる。

弊社の採用サービスにはこうした求人が増えており、日々人材紹介が繰り広げられています。しかし、前述した通り絶対数が少ない経理・財務。人気と言われる有名大手企業であっても採用目標をクリアするのは大変、という状況が続いているのです。

リーダー層を採用するのではなく、育て上げる

そこで発想を転換。
リーダー層の採用にこだわるあまり計画が進まないのであれば、数年後にリーダー層となり得る人材を採用し育てておこう、そんな選択肢が採用現場に台頭してきています。

たとえば金融出身者の採用がそのひとつ。都銀・地銀の営業経験者は法人融資業務を通し、企業経営・財務諸表に触れています。そうした20代・30代を中心に採用・育成し、経理・財務部門の強化に成功しているメーカーなどが増えています。金融出身者のほうも「自社製品等の実態のあるビジネスをしたい」と希望する人材が増え、事業会社への流動化が加速しているのです。

また、実務経験は浅いけれどもスキルアップに熱心な若手の採用もそう。「決算、有価証券報告書、上場準備などををアシストしてきた」という人材、あるいは「任せてくれる会社があればトライするだけのベースはある」という若手を、異業界からも積極採用しています。

組織強化にも先行投資を

新卒と違ってやりたいこと・すべきことが明確になっている転職希望者は、環境の変化によって急激に力をつけていくことがあります。「大切に育てられる」と感じたらなおのことでしょう。

もちろんいちばんスムースなのは、なんでもできる力量を持ち、しかもマインドも高いリーダークラスの人材を迎えること。しかしスーパースターはその場所でも大切にされていていますし、大量には外に飛び出さない。“能力を発見し育てる目と力を養おう”という企業の動きこそが、即戦力不足を解消するひとつの鍵にもなっています。

今後(将来)海外事業を展開する、先行投資をするなど、攻めの組織強化が必要になりそうと予測される段階で、ぜひ弊社の採用支援サービスにご相談ください。明日の成功のために今から動き出す。成功の影に備えありです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら