転職者に本当に活躍してもらう方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

入社後すぐの過度な期待は失敗のもとです。たとえマネジメント層の人材であっても、新しい環境を知る期間をしっかりと設けてあげることが重要です。

どんなスペシャリスト人材でも足場作りが必要

転職者に本当に活躍してもらう方法とは

一流のアスリートでもオリンピックという舞台は別物だといいます。メダル獲得に向けて4年間必死に汗を流し、食事や生活習慣そのものまで改善しながら次のオリンピックを目指す。そして本番には世界から視線が集まり相当なプレッシャーがかかる中、たった1回の勝負に勝たなければいけない…。

ビジネス界の人々にも、そんな戦うアスリートの気持が痛い程分かる場面があるのではないでしょうか。それは「経験豊富なマネージャー」だと社内にしっかりと広報されている転職先で新たなスタートを切るとき。特に管理職ポジションの場合、知識・実務力・マネジメント力・人脈など期待される事が多く、企業側も業績アップの為にすぐにでも成果を出して欲しいと急ぎの結果を期待しがちです。

特にこの景況感の変化が非常に厳しい状況では、企業側のその思いが強くなりがちと言えるでしょう。

確実な成果のためには、余裕をもって転職者の活躍を見守ること

しかし、例えベテランの域に入ろうとしているビジネスパーソンでも、アスリートと同じ。企業風土やマーケットも違う新しい環境(しかも緊張する)で確実に成果を出すためには、それなりの準備期間が必要です。

通常、入社3カ月から半年で現状を把握しながら(営業なら商品特性や流通環境、マーケットの違いや特色など)プランを立て、実践に移していけるのはそれ以降。まいた種を回収出来るのは、早くても入社後1年というのが相場。企業には余裕をもって、新しい管理職の活躍を見守っていただきたいというのが本音です。

多くの会社が成功した方法は、管理職でも準備期間を設けてあげること

実はそこを理解し、管理職に対しても「育てる」という感覚を大切にしている会社は、まずマネージャー候補として採用し、本人も周りの社員も慣れてきた半年後くらいにマネージャー職に昇進させるという方法をとる事もあるようです。すると、候補として転職してきた人物が、マネージャー職に就く頃にきちんと実力を発揮し始める。このやり方が、多くの業界・企業で成功しています。

それなりのポジションのため、それなりの好待遇で迎えなければならない管理職。給料以上の成果を早く期待したいところですが、目に見えない“アスリートの4年間の努力の日々”という足場作りにも、ぜひご着目下さい。成果を出す事を誰より望んでいるのは、転職してきた本人かもしれませんから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら