企画・マーケティング職の採用のためにまず必要なこととは

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社によって異なるマーケティングの位置付け。
採用成功の第一歩は「任せる業務領域」を明確にすることです。

顧客ニーズを探り、サービスに還元する「マーケティング」の仕事

企画・マーケティング職の採用のためにまず必要なこととは

よく耳にする「ビジネスモデル」という言葉。物や情報が溢れる世の中で一見“満腹”に見える顧客も、視点を変えた新しいサービスに高い関心を示し、その度、顧客ニーズとは限りの無いものだと実感します。だからビジネスは面白いし、成長拡大を目指す企業は、新しいビジネスモデルの創出に余念がありません。

さて、顧客ニーズを探り、そのニーズに応える商品やサービスを提供するビジネスに欠かせないのが、マーケティングの役割。弊社の採用サービスにも業界や企業規模に関係なく、業績アップを目指す多くの企業から“マーケティングに関連する”求人案件が寄せられています。

マーケティングの業務領域は幅広い

ただ、マーケティングとは業務領域が非常に幅広い上に、企業によってその組織体制が様々。たとえば、リサーチから商品企画、広告・宣伝、販売促進までを社員一人が行う“なんでも屋”的な要望をする会社もあれば、プロダクトマネージャーをヘッドに、リサーチ等の業務領域ごとに専門のスタッフを置く“組織化”された会社もあります。“マーケティングに関連する”求人案件と書いたのはそのためで、前者と後者では求める人物も異なれば、入りたいという応募者も異なってくるのです。

このように、マーケティングに対する企業の考え方、企業規模、人員配置の問題などによって会社ごとに異なるマーケティングという仕事。キャリア採用でミスマッチを防ぐためには、「マーケティングという組織がどのように形成されていて」「どの領域の仕事を担当する人物を募集しているのか」を明確にすることが大切になってきます。

マーケティング業務にどんな領域があるのか

  • ・リサーチ
  • ・商品企画
  • ・広告・宣伝
  • ・PR
  • ・販売促進
  • ・営業企画
  • ・CRM
  • ・プロダクト(ブランド)マーケティング
  • ・事業企画
  • ・企業ブランド・広報

自社の「マーケティング」の業務内容をまずは把握する

マーケティングの仕事は、業務領域からこのような分け方ができるわけですが、「ではリサーチがどこまでの仕事をするか」となると、またもや企業によって異なるというのが正直なところ。専門性が強いマーケティングは、業務上あまり接する機会がない他部門からは分かりにくいことも多いため、弊社の採用サービスに求人依頼をいただく際、企業の人事担当の方がご苦労をされているのをしばしばお見受けします。しかし、よい採用のためには、現場からヒアリングをするしかありません。

「今回募集するのはマーケティングでもどの業務領域を担当する人で」、「具体的にはどんな仕事をする人なのか」。さらには「自社のマーケティングはどう組織されていて」、「商品やサービスが市場に出るまで・出た後、どう関わっているのか」…。応募者との合致を見い出すためには、この基本をまずはしっかりと把握しておくことが重要なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら