中小企業でも即戦力の企画職を採用するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

企業それぞれの採用努力が実を結ぶ企画・マーケティング職の採用。
欲しい人物像を明確にし、常に準備して待ち構えておくことが採用につながります。

企画・マーケティング職を採用する難しさ

中小企業でも即戦力の企画職を採用するには

マーケティングに対する考え方が確立され、組織体制も整っている会社でスキルを磨いてきた経験者は、転職市場において人気。ただし、そうそう数がいるわけではなく、そうした経験者は次ぎに自分が目指す会社をある程度絞り込んでいるため、プロフェッショナルを採用しマーケティング部門を強化したい企業は、採用活動において苦戦しているのが実情です。

たとえばプロフェッショナル採用しか行わない複数の大手企業は、通年採用として常に弊社の採用支援サービスを通してアンテナを張っている状態にしておきます。つまり「いい人がいればいつでも会う」というスタイルをとり、大手A社を退職した人物が弊社の採用支援サービスに登録したという段階で、即面接を実施するのです。

「ピンポイント採用の対象者は年に数回しか現れない」。長年の経験からそれを理解しているため、ニーズが発生する前段階から採用の手を広げておくというわけです。では、無名の小さな会社が、今後の成長のためにマーケティング部門を強化するという場合はどうしているのか…。

まずは自分がマーケティングを学ぶという社長の採用努力

設立5年。従業員6名のB社が、マーケティング採用に乗り出した時のことです。B社は、トップ自らがマーケティングの重要性を感じていたため、思いきったことにいきなり4名の採用に踏み切ったのです。しかし、ただ外からベテランを入れるというだけではなく、そこにはB社なりの計画がありました。まず社長自身がマーケティングの勉強を始め、採用する人物にもはっきりとした“像”を描いていたのです。

「マーケティングの経験があり、何をすべきか理解して動ける人物を2名。もう2名は、マーケティングの勉強をしたいという意欲が高い人物でいいんです」。B社のトップは、はっきりとした組織像と、そこに必要な人物像を描いていました。

また「まだ無名のウチの会社に来れば、それこそ1から自分の力が試せることが唯一のウリなので、そこに興味を持ってくれる人がいいですね」。会社の理論をオープンにすることで、共感し共に成長に向って力を合わせていける人物にも焦点を当てたのです。

人材要件を定め、見事に即戦力人材の採用に成功

結果は、大手化粧品メーカーに勤務経験がある即戦力などの採用に成功。B社のトップは、転職市場を踏まえ、欲を出したいところと抑えるべきところのバランス感覚が見事というしかなく、採用目標日程をそう越えることもなく4名の採用を実現しました。

企業ごとの採用努力…。いろいろな工夫が考えられるところですが、マーケティングのように専門性の高い職種ほど、人材の流動性、転職市場を見据えた動きと発想が大切なようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら