人事以外の社員も、採用活動に参加していますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

採用は全社で戦う!社員の協力体制を作ることが採用成功の秘訣です。

経営者、現場を巻き込んだ採用活動が成功の鍵

人事以外の社員も、採用活動に参加していますか?

以前弊社では「企業サイドの面接スキル」を調査するアンケートを実施しました。その結果、ご回答いただいた7割の企業が現場面接官の面接技術に不安を持っていることが分かりましたが、特別に研修教育などを設ける計画はなく、それは経営側の採用の厳しさに対する認識度の低さが一因になっていることも明らかになりました。

人材募集から選考、内定までのプロセスには、求職者に企業の魅力をたっぷりと伝えなくてはならない場面もあり、人事担当者が一人ですべてをフォローしようとすると無理が生じることも。特に求人市場が活況で、多くのライバル企業との競争を勝ち抜くことが採用成功に繋がる今は「採用にかける企業の意気込みと工夫を、全社の総合力で発揮」する必要性が高まっています。

弊社の採用支援サービスでは、求人企業に採用を成功に導くための様々なアドバイスを行っていますが、やはり本気・本腰を入れてくださり協力体制をひける企業と、そうでない企業との間には格差が…。人事担当の方だけでなく、その人事を通して経営者や人材を迎えいれる現場社員が協力してくれる会社は、よい採用結果を生みやすくなっています。

採用競争を勝ち抜く工夫

例えば、

  • ・仕事内容が具体的にイメージできるよう、現場の社員に協力を仰いでアピール力のある求人票を作成している
  • ・採用支援を行う弊社とコミュニケーションを増やし、必要によっては仕事や事業、企業風土を深く認知するための勉強会を実施する
  • ・書類選考や面接選考の結果を早く出し、候補者を逃がさない
  • ・現職者のために平日夜や土日の面接を実施する
  • ・一次面接から配属先の上司や先輩が参加し、仕事や働く環境、風土などを具体的に説明する
  • ・社長面接を早期に行い、応募者の心を掴む

これらは、採用課題を解決する工夫の一つ。人事担当の方が社内に呼びかけ、必要な社員、キーマンに協力を仰ぐことで、早期に実施が可能と思われる例です。リクルートチームを作るとか、リクルーティングに協力してくれる社員は、それを評価の対象にする人事制度を検討してもらうのも効果的かもしれません。

他には、企業セミナー・説明会を実施し、複数の求職者とできるだけ接触の機会を増やす方法もあります。この方法は決して新しいものではありませんが、実施内容やオペレーションにはノウハウが必要で、ちょっとした印象が求職者のイメージダウンにつながることもあるため、求職者と直接お会いしています私達のような外部のプロからノウハウをご利用いただくのも工夫の一つと考えられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら