面接が進んでいた候補者が他社に内定してしまう・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加

自社で採用したい人材は他社にとっても第一候補者。
面接・選考のスピードで差をつけることで、採用を成功させましょう。

決め手は「一番早く内定した企業」

面接が進んでいた候補者が他社に内定してしまう・・・

転職活動を経験した人に、複数の企業の中から1社を決めた理由を聞くと、「結果的に、一番早く内定を出してくれた会社に気持が大きく傾いた」という答えが数多く返ってきます。早期に採用通知を出す会社の「ぜひ入社してください!」という期待の気持ちが応募者へ伝わり、入社の動機付けとなるのです。

第二新卒は複数の業界・企業に応募

さて、就職した会社で“何かが違う”と転職活動を始める第二新卒者は、たった数年だとしても社会を経験し、理想と現実のギャップに気付いた人物です。「今度こそ噂やイメージでなく、自分の仕事観優先で転職先を決めよう」と、気持を新たにして転職活動をスタートさせます。

しかし、社会経験が浅いため人脈もそれほどありません。そのため、リアルな業界・仕事の情報を知り得る機会が豊富ではありません。また、まだ強みと言えるスキルもなく、潜在的な力を武器に広く転職先を探します。結果、広く色々な業界をまたいで応募し、選考プロセスを通じて自分の目で転職先を見極めることになります。

採用スピードを上げて第二新卒を勝ち取る

迷いがある第二新卒者の心を掴んだある企業では「他者よりも当社に入社してもらうため」採用のスピードを出す工夫をしています。

具体的には、複数名で第二新卒採用のプロジェクトチームを結成(人事部門以外からも参加)し、採用スケジュールを徹底できるよう社内に協力体制をひくのです。まず応募者との面接を空いている面接官のスケジュールにどんどん入れていきます。決裁権を持つリーダー(この場合は部長)を予め1名決めておき、そのリーダーが判断してOKとなればすぐにでも経営陣との面接を設定。早期決済と同時に採用通知を送るというものです。

このプロジェクトの成功ポイントは、細かな採用基準合わせを行った上で、明確な人物像(スキル・人物タイプ・意欲面など)を共有し、それがプロジェクトメンバー全員にブレがないよう徹底した点です。採用段階からではなく、事業計画に則った人材募集の計画段階からプロジェクトとして動いていくことで、採用者のバラツキが比較的なくなります。また、面接・選考の仕組みができているので、採用スピードも落ちないわけです。

スピード採用で応募者にアプローチ

第二新卒採用だけに多くのメンバーやパワーは割けないという企業は、キャリア採用の仕組みを見直し、そこに組み込んでいくのもよいかもしれません。ベテラン・若手ということに関係なく、早くに採用通知を出すことは採用したい応募者のモチベーションをあげます。その気持ちを理解している企業は、やはり採用上手な企業といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら