若手の募集をしているが、なかなか応募が集まらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職理由のウラにある本音を知る必要があります。
高い理想ではなく、人並みの安定や納得できる仕事環境を、本質的に作っていくことが大切です。

転職希望者の本当の気持ちとは

若手の募集をしているが、なかなか応募が集まらない

社会人としての人生が始まったばかりの若手。最低でもこの先40年弱は仕事を続けていくわけで、自身を活かし、長く働いていける環境を模索するものです。リクルートキャリアに訪れる転職希望者の多くが転職理由として口にする、「将来の市場成長が見込める業界で働きたい」「転職で年収アップを実現したい」という言葉。これは必ずしも、今よりも多くを求める欲張りの気持ばかりではない、ということをご存知でしょうか。

転職希望者が納得しなければ、有名企業でも応募は集まらない

“就職したい人気企業ランキング”に毎年ランクインするある有名企業が、若手営業のキャリア採用を実施しました。しかし、応募者数が伸びず、なかなか採用が出来ない状況となり、当然、応募が殺到すると予想していた企業は、意外な反応に驚きを隠せませんでした。しかし俯瞰して冷静に見れば、ごく自然な成り行きでした。3年更新の契約社員としての採用で、仕事内容は正社員と同じ。しかも固定給は正社員よりも低いという条件だからです。

「実力主義の環境で自分の力を試してみたい」と、募集する人もいる一方で、3年後の不確実性に不安を感じる人はそれ以上に多く存在します。もちろん、前者も両方の気持を抱えて仕事にチャレンジするはずですから、こうした採用の場合は形だけの実力主義でない、フェアで納得出来る評価制度が大切になります。ここで働いた事が将来どんなキャリアに結びついていくのか、具体的なイメージを提供出来る事も大切でしょう。

仕事を頑張る分、人並みの安定が欲しい

「ラクして得しよう」等と考える人などはおらず、誰だって仕事を頑張りたい。残業が必要ならきちんとやる。けれど、頑張りには報いが欲しいし、それによって生活を安定した楽しいものにしたい…。やんちゃに見える若手でも、まずは足元をきちんと固定させたいのです。冒頭の「成長市場」「年収アップ」の発言の正しい意味は、人並みの安定は確保しておきたい、というベーシックな要求の場合がとても多いのです。

転職者が納得できる仕事環境の構築が必要

特に、このベーシックな要求を持っている方の増加は、それに応えてくれる企業への就職希望をされる方の増加に繋がっています。

例えば、営業職の評価に新しく成果主義を導入するのであれば、いきなり月給を歩合にするのではなく賞与に反映させてみたり、最低の固定給部分を日本の生活環境を踏まえ再考してみたりといった、実力のある人が本来の実力を発揮できる環境を整える事が重要です。納得できる仕事環境とは、企業ブランドではなく「実」の本質の部分なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら