一般事務・営業事務職スタッフが職場選びで重視するポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

一日中社内で働く事務系スタッフが、会社選びに優先するのは"働く環境"です。

事務職のほかの求職者とはちょっと異なる視点

一般事務・営業事務職スタッフが職場選びで重視するポイント

就業時間のほとんどをオフィス内で過ごす一般事務や営業事務などのオフィスワーク。応募先を決める際に重視する一つが、立地や働きやすさといった環境面です。
たとえば、求人票の募集職種欄にキャッチフレーズによって、応募数が倍増するケースも実際にある話。「オフィスは青山」「窓からお台場が見えます」...。自分が颯爽と働いているイメージが湧くのか、こうしたキャッチフレーズは応募促進に効果的です。

もちろんこれは、都心やオシャレな場所に限ったことではありません。東京の西側、吉祥寺駅からバスで20分の場所にある精密機器のメーカーA社は、住宅地であることが幸いして「地元で働きたい」という複数の人から応募があり、採用に成功しています。

自社の特徴を把握する

会社の特徴を的確に伝える求人票は、求める人物に直球で刺さり、応募者数の増加につながります。しかしそのアピール力のある求人票作成のためには、まず「我が社の特徴」を把握することが大切になってきます。

オフィスワーク経験者が求める働きがい、転職先を決める要素には、立地だけでなく「職務環境」や「風土」も大きく影響してきます。以下に、項目の一部をご紹介します。

【職務環境の特徴】

  • ・ルーティンワークが中心
  • ・お茶出しあり
  • ・対面での顧客対応あり
  • ・人前での発表もある
  • ・OA能力が必要/EXCEL WORD POWERPOINT ACCESS

など

【企業風土について】

  • ・社交性が必要
  • ・急な残業もある
  • ・創意工夫ができる
  • ・服装自由
  • ・禁煙、分煙

など

同じ職種でも、職場環境によって応募意欲は変わる

このように項目を並べたら、すべて3段階で評価してみます。すると、特徴のないオフィスワークと思っていたものに、企業ごとの色付けがされていくのです。求職者も、同じ職種ならばA社よりもB社のほうが自分には向いていると、応募の意志も強まるはず。面接で明確な応募理由を言えるようになり、ミスマッチも減らすこともできます。

一般事務・営業事務、アシスタント職などのオフィスワーク募集のための視点を取り入れた求人票。御社独自で必要な項目をもとに働く人の要件を設定してはいかがでしょうか。

また、応募者が集まらない、応募はあっても欲しい人材が少ないなどのお悩みは、ぜひ弊社の採用支援サービスにお寄せください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら