一般事務・営業事務の本当に効率のよい雇用方法とは

このエントリーをはてなブックマークに追加

派遣から契約・正社員に、直接雇用へ切り替える企業が増えています。

いい人が採用できることが最も大事

一般事務・営業事務の本当に効率のよい雇用方法とは

大手企業を中心に人材獲得が活発化してきました。ここ数年採用を控え縮小気味になっていた組織の拡大も本格的に行われようとしています。その波は、固定費を削減するために派遣に傾きかけていた一般事務・営業事務の採用にも広がっています。

「雇用形態にはこだわらないからとにかくいい人が欲しい」。多くの企業の人事担当者から、こうした声が聞かれるようになりました。
たとえば「機密保持の観点から直接雇用の人材を」「定型外業務に対して臨機応変な対応を期待できる人材を」など…。従業員一人ひとりに会社の変化に合わせた業務パフォーマンスを望むと、やはり直接雇用でなければ難しいと感じる場面が増えているようです。

事務職の採用トレンドが直接雇用に変化している

一定期間で契約満了を迎えてしまう派遣は、社内に業務ノウハウという財産が蓄積されないのが企業の悩み。また、たとえば営業事務なら事務業務だけでなく「営業をアシストするような気配りのある行動もしてほしい」のが雇用者の本音です。定型外業務を頼めない派遣の導入は、固定費は減ったけれど業務効率を考えるとマイナス面もあったという企業もあるほど。期待する役割や仕事上で必要な求人要件を深く吟味せず、人件費の合理化から派遣に切り替えてしまった場合、このような実務面での予想外の弊害が出ているようです。

さて、一方の転職者側。景気低迷期の就職難を背景に正社員を諦めざるを得なく、派遣登録した方がとても多いのです。さらに「仕事を任せてほしいけれど派遣に多くは求められていないようだ」と、せっかくのヤル気を満たされないままにキャリアを重ねている人も少なくありません。正社員や契約社員として企業に直接雇用されているのならば、自分からもっと積極的に働きかけ、できる仕事も増やせるのに…。仕事に前向きな方が、求人情報が増えている今、転職活動に取り組みはじめている背景から弊社の採用支援サービスへの登録者も急増しています。

人件費と業務効率、ノウハウ蓄積を再検討した結果、直接雇用へと切り替える企業。今、オフィスワークの採用トレンドにもはっきりとした変化が出はじめています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら