転職成功者アンケートから採用ノウハウを探る その1

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職する時に個人が最も優先することは何か

リクルートエージェントでは、転職を実現したビジネスパーソン3165人を対象に『第三回転職者世論調査』を行いました。転職活動において個人が「意識したこと」や「行動の決め手となったこと」は、企業側が採用活動を展開する上で知っておきたい重要情報。今後4回にわたって、アンケート結果から見えてくる採用ノウハウをご紹介します。

転職活動で最も優先されること

「なぜ転職するのか」「転職する時に個人が最も優先することは何か」。これは求人活動を行う企業が、特に興味を持たれる項目だと思います。個人が最も大切にしている転職理由がクリアできる条件が整えば、企業は売り手市場の中でもスムースな人材採用が可能だからです。

さて、肝心なアンケートの答えは…

転職活動で最も優先されること

※実施期間/2005年8月25日~31日。対象/リクルートエージェントの登録者で、何らかの手段で転職を実現した3165名(回答者は1324名。回答率41.8%)。調査方式/Webによるアンケート

「キャリアを伸ばすため」という答えが、合計で43.6%となり、半数近くの転職者がキャリアのために転職を実現していることが分かりました。しかし、ここで難しいのが「キャリア」の考え方。実はキャリアに対する考え方は個人によって違いがあるため、転職者と企業が描いているキャリアがイコールのものか、採用の際には確認が必要になってくるのです。

キャリアとは一体なに? たとえば・・・

自己の成功観............地位、名誉、年収アップ
自己実現.....................顧客に価値を提供する 社会貢献を体感する etc...
専門的スキルをつける............他社でも通用する経験、知識、技術力

ある人は「早く役職につける環境」が、ある人は「社会に役立つ仕事に就く事」が、ある人は「今より豊富な経験・知識を身につける」ことがキャリアアップと考えているかもしれず、企業の考えと合致しない場合はミスマッチの原因となってしまいます。
採用活動時、特に面接などの場を利用して"本人が考えるキャリア"を確認することが大切です。

トップ回答だった「新しいキャリアを見つけ、キャリアアップすること」は、20代中盤までの男女がいずれも42%を超える過半数に近い数で転職の優先事項になりました。その後、年齢と共に減少し20%台まで下がるのですが、なんと36~40歳の女性の42.9%が再びキャリア優先型の転職を目指すことがわかりました。

家庭よりも仕事!? それとも自らの収入で自立して生きていくことを決断するのか!? 社会経験豊富な女性の活用は、今後さらに企業成長の鍵となりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ

●採用成功ナビの3つの特長

最適な採用手法をご提案!

様々な企業が自社に合う人材の採用に成功している

採用方法の紹介を見る

豊富な採用実績!

多岐にわたる採用事例から自社に似たケースが探せる

採用成功事例を見る

日本最大級の登録者数!

欲しい人材の詳しい情報をお申し込み前に確認できる

求職者検索を見る

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ!

採用サービスのご利用について

すぐに採用を始めたい方も。まずは相談してみたい方も。
ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

0120-98-3046 9時~18時 (土日祝日を除く)内容は正確を期すため録音しています

ご相談・お問い合わせはこちら

メールマガジン(無料)について

中途採用情報メルマガ(無料)を定期的にお届けします。

  • ・求職者の詳細な職務経歴情報が閲覧・検索できる
  • ・中途採用に役立つ最新情報や採用の秘訣などをお届け

貴社の事業成長に少しでもお役に立てられれば幸いです。

無料メルマガお申し込みはこちら